だれでもふりーらいたー

Lancersで副業ライターをしている30代♀障害者のLancersで稼ぐコツなど。クラウドソーシングはちゃんと稼げます。

私がLancersで稼げるようになるまでの話

おかげさまで継続依頼を沢山頂いていて、ここのところ忙しくしています。
アクセス解析を見ると、どの位の単価でどの位収入があるのか、ということに興味がある方が多いのだなーと感じています。
というわけで、私の例にはなりますが、実体験をもとに稼げるようになるまでの奇跡とその大体の金額についてお話ししようかと思います。

 

Lancersでライター活動を始める方の殆どがまずはタスクからやってみるでしょう。私もフルタイム勤務をしていた時に、1日1時間位毎日タスクをさばくところから始めました。毎日1日1時間やっていたわけではないのですが、月に1万円近く頂けてたと思います。

その後退職し、タスクではなくプロジェクトをやってみようと挑戦しました。最初に提案が選出されたのは、復縁関連、旅の知識関連だったと思います。
あと単発で体験談とか。これは4000文字1000円だったかと。
復縁は1000文字250円、旅の知識は1200文字300円じゃなかったかと。うーん。安いですね。どちらも手数料込みです。
ただ、どちらも継続依頼がもらえたので、評価が増えて他の案件が取れるようになってきました。それまでが2ヶ月位でしょうか。この辺りで、1ヶ月で1万円くらいプロジェクトで収入を得ていました。復縁の記事は単価が安いものの記事数が多かったので、そんな感じになりました。

他の案件が取れるようになってから手掛けたものは、胃炎だったかな。病気に関する記事で、このクライアント様とは今でもお付き合いがあります。単価は安めではありますが、復縁の記事よりは高いです。
他にも病気関連の記事を他のクライアント様から受け、こちらは文字単価が0.4円でした。その後、依頼を受ける度に単価がぐんぐんアップして、時々しかご依頼はないのですが、私のお付き合いしているクライアント様方の中で、一番単価が高いです。
こういった案件を受け始めて、Lancersでの月収が3〜5万円になりました。
良い評価が頂けるおかげで、他の案件も提案をすればかなりの高確率で選んでもらえるようになり、この時代からお付き合いのあるクライアント様方には感謝の気持ちでいっぱいです。

単発も継続も含めて、他のクライアント様方からの依頼も増え、自分の専門分野である旅・留学・国際関連・語学関連の記事の受注も増えてきたのが、プロジェクトを受け始めて4〜5ヶ月位経った頃だったと思います。
この頃時間があったので、ハローワークに通いながらかなり案件を受けていました。いつか詳細を書き残そうと思うのですが、ちゃんと働いている報告はハロワにしています。
この時期の最高額が8万円位でした。実はこれ、急にお金が必要になったので、沢山案件を受けたため叩き出せた額です。

その後は就職したので、ライターは副業になり、毎月安定して2〜3万円の収入に抑えていました。確定申告したくなかったので。
新規は執筆したいテーマがあれば提案する感じで、他は継続でご依頼いただけるものを受けていました。
この期間が1年以上あります。

 

今はLancersに登録をしてから2年ですが、おかげさまで自分で提案しなくても継続してご依頼頂けるクライアント様が増えていて、また収入が増えています。
月収にして7万円、来月はもっと増える予定です。
今は仕事をしていないのでこの位案件をこなせますが、副業だとこの量は厳しいかもしれません。連絡をリアルタイムで取るのが難しいですしね。もちろん、頑張れば無理ではない量です。月に多分30〜40時間程度の稼働でこんな感じなので。

今のところはその予定はないのですが、案件がもっとこなせるなら、Lancersの収入だけで生きていくのも可能なんだろうなーと思います。
始めて数ヶ月の人には、月収20万なんて遠いように感じるのかもしれませんが、私にとっては全く難しいことのように感じないので。
要は、月収2、3万円時代に20万なんて無理だ!と思ってしまうと、本当に無理なんじゃないかな、なんて思ったりします。