だれでもふりーらいたー

Lancersで副業ライターをしている30代♀障害者のLancersで稼ぐコツなど。クラウドソーシングはちゃんと稼げます。

私とLancers

私は重度身体障害者で、手帳の等級は第1級です。障害の内容は伏せますが、普通の生活をするには気をつけることはあるものの、そんなに困りませんし、好きなことができます。

ただ、健常者の人のように1日8時間×週5日・午前9時〜午後6時までといった勤務体系で元気に働くことはできません。
病気の症状が出ていないときは健常者のように元気ですが、症状がひどい時には起き上がることが難しく、無理やり起き上がることはできても、とてつもないストレスで、それを続けていると症状がひどくなってしまいます。

なので、外で仕事をしたとしても、在宅勤務中心かパートタイムということになり、収入が安定しません。一応障害年金も頂けているのですが、こちらの等級は3級のため、パート収入と合わせても一人暮らしは難しい状況です。

 

そんな時に出会ったのがLancersでした。
これなら、体に負担なく、動けるときにまとめて仕事をすれば収入を得ることができる。
クラウドソーシングについて色々ネガティブな意見も目にしたし、ライター単価がどんどん安くなってきているということには、元々専業ライターとして働いていた人にとっては大きな問題になることもあるようです。知人にずっと専業ライターをしている人がいて、そういう話を聞くこともあります。

でも、私にとっては希望の光のような存在です。
単価が安くても、タイピングが得意で情報収集が好きな私にとっては、その安さが気にならない程度の収入が得られますし、誰でも努力すればまとまった金額が稼げるのは事実。多分、そこに行き着くまでにやめてしまう人がほとんどなんじゃないかと。

というわけで、クラウドソーシングは私のような外で働くことに制限がある人には、ぴったりのシステム。
いつか私のように外で働くのが難しくて、経済難を抱えそうな人たちが、このブログを見てお金を得る方法は就職だけじゃないって勇気付けられるといいなーと思い、こそこそ記事を書き溜めていこうと思います。