だれでもふりーらいたー

Lancersで副業ライターをしている30代♀障害者のLancersで稼ぐコツなど。クラウドソーシングはちゃんと稼げます。

タイピング速度の重要性

ランサーズでライターを始めて2年弱。
その間、何故私がランサーズでそこそこの収入を得ることができているのか、色々と考えてきましたが、かなり大きい部分を占めているのが、タイピングの速さです。
ランサーズで稼ぎたいという人は、タイピング速度を鍛えましょう。たとえ、単価が安い仕事を受けたとしても、タイピング速度が速ければ、時給換算すると800円くらいになったりします。

私は、単にタイピングというだけなら、10分で1500文字以上打つことができるので、1時間だと9000文字以上打つのが可能だということになります。

もちろん、記事作成をする時にはリサーチしながら記事を書いたり、最後にさらっと校正もするので、そんなには打てません。
ずっと書いてると疲れるので、2000文字〜4000文字ごとに休憩を挟むのが私のスタイルです。

ちゃんとしたリサーチが必要なものだと、3000文字のものが1時間〜1時間15分。
2000文字のものだと、30分〜45分で仕上げます。全て、リサーチと休憩を含んだ時間です。
文字数が3000文字になると、途中休憩が必要だったり、もう少し掘り下げた内容が必要になるため、時間がかかるのですがその分文字単価が良いので、時給換算すると3000文字ものの方が稼げます。
3000文字以上を求められる場合、1文字1円以上の単価のものが多いです。寧ろ、それ以下のものは私は受けません。
2000文字までのものなら、テーマは選びますが、1文字0.5円以上と決めています。
平均時給は2400円くらいかなーといったところです。

ただ、私のタイピング速度は多分平均よりもかなり速いので、そこそこ速いという程度の人が同じ量の仕事をこなすなら、時給1200円〜1500円程度になるのではないかと。
でも、家で稼ぐのにそれだけ稼げれば十分ですよね。

タイピング速度の他にも、文章構成スピード、修正量、リサーチ力なども関わってきますが、この辺りはまた別の記事で記録しておきたいと思います。